中古車買取と下取りの違いについて

 

車を売るときに良くある質問で、買取と下取りの違いについて、意外と知らない人が多くいるようなので簡単に説明したいと思います。まず買取についてですが、これは単純にその言葉通り車を買取ってもらう事になります。お金の流れも単純で、車の査定金額が50万円であれば、丸々50万円もらう事が出来るのが買取で売却した場合となります。

 

では下取りの場合はどうなるかと言いますと、まずは下取りは新たに車を乗り換える事が前提となり、その乗り換える車の購入資金として売却金額を充当させる事になって来ます。お金の流れで説明すると、査定金額が50万円として、新たに乗り換える車が100万円であれば、乗換の際に支払うお金が50万円となります。買取でも下取りでも査定金額は同じ50万円だったとしても、下取りの場合はその50万円を手にする訳ではなく、新たに購入する車の購入金額に組み込まれることになるのです。

 

また、この例では同じ50万円と言う価格でしたが、買取店と下取りを行う販売店とでは、査定をする際に値段を決める元となる物が異なっているので、査定金額も異なる場合があるのです。買取店は主にオークション相場を元にして値段を決め、販売店は下取り基本価格表と言う物を元にして値段を決めるので、出来る事なら両方から値段を出してもらってから売り先を決めると言う方法が賢い方法と言えるのかもしれませんね。